子供の可能性を奪うお母さんのNGワード

NO IMAGE

お母さんに言われたたくない「NGワード3種!」

1番信頼している「お母さん」から言われた言葉で自信や自己肯定感を失ってしまう子供たちがいます。

そんなNGワードには、以下の3つのいずれかが含まれるという共通点があります。



さて、それは何でしょうか?

NG1: 強要 「〇〇しなさい!」

「勉強しなさい」と言われた瞬間、勉強する気を失ってしまった経験は誰しもあると思います。

「本人がやらないといけないとわかっていること」、「自主的にやろうとしていること」に対して、「〇〇しなさい!」と強要する言葉は、子供意欲・自尊心・自主性を奪ってしまいます。

NG2:他者との比較 「〇〇はできるのに…」

「〇〇はできるのに、どうしてあなたはできないの?」

人それぞれ、「得意不得意」、「ものごとを習得するまでのペース」は異なります。

比較され続けることで、「自分の基準を持つこと」、「自分のやりたいことを見つけること」、「自分らしく生きること」ができなくなってしまいます。

NG3: 否定 「だからあんたはダメなのよ」

例えば、「テストの点数や成績が悪かったとき」や「部活など勝負事で思うような結果が出せな買ったとき」、本人の人格や存在を否定する言葉は絶対にNG。

結果が出せなかったのはプロセスに原因があり、必ず改善する方法があります。

もし、この場面で本人自体を否定する言葉をかけてしまった場合、「問題を認識して解決するスキルを習得するチャンス」、「成長する機会」や「もう一度挑戦するエネルギー」を奪ってしまうことになります。

結果がでなくて1番辛いのは本人。結果ではなくプロセスに注目する視点が必要です。

心に残る母の言葉カテゴリの最新記事